【革命】肌の温度上昇で日焼け止め効果も高くなる!? 資生堂の新技術とは?

サイクリングの日焼け対策

真夏のサイクリングでは、

どうしても太陽光や紫外線を腕や顔などに多く浴びてしまうため、

日焼け止めが欠かせなくなります。

ただ、塗ったのはいいけど汗ですぐに効果が無くなってしまうのでは・・・?

長く日に当たると効果が小さくなるのでは・・・?

と不安に感じている方も多いはず。

しかし、日焼け止めで有名なある会社が、

遂にその不安を解消するような新技術を開発しました。

肌の温度が上がると紫外線(UV)を防御する効果が高まる?

化粧品で有名な「資生堂」は2019年10月7日、

日焼け止めを肌に塗った際に、

太陽光などで肌の温度が上がると、

紫外線(UV)を防御する効果が高まるという、

これまでにない世界初の技術を開発したことを発表しました。

これまで、日焼け止めを肌に均等に塗ることは難しいとされており、

まんべんに塗られていない部分については、

UVカット効果が発揮されないという欠点があった模様です。

しかし、今回の新技術によって、

日焼け止めに含まれるUV防御成分を、

熱によって均等に行きわたるようにすることが可能になったということ。

詳しく見ると、肌の表面温度が体温と同じ程度である37度以上あれば、

日焼け止めに含まれるUVを防ぐ成分を均一に保持できる技術ができたとのことです。

新技術の研究開発には5年もかかったといいます。

日焼け止めは本来、

太陽から出るUVをカットする機能がありますが、

同じく太陽光から出る熱を利用することによって、

日焼け止め効果を高められるのではないか?

というような検証を資生堂では何度も行っていたとのことです。

因みにその新技術を導入した日焼け止めは2020年5月に商品化されており、

名前は「SHISEIDO ザ パーフェクト プロテクター」というもの。

日焼け止め用乳液ですが、

SPF50+・PA++++と防御効果は炎天下レジャーでも申し分ないほどの強さとなっています。

SHISEIDO サンケア ザ パーフェクト プロテクター | SHISEIDO | 資生堂

サイクリストにとっては朗報!

そして今回の新技術によって、

サイクリストにとっては朗報であると個人的に思っています。

なぜなら、サイクリングでの日焼けというのは、

日差しの強い中を長時間走るため、

その分肌の温度も高くなるからです。

なので、今回の新技術は、

まさにサイクリストのために開発された日焼け止めといっても良いでしょう。

因みに資生堂の実験によると、

肌の表面温度が37度以上になると紫外線(UV)防御効果が高まり、

従来に比べUVカット効果が約1.2倍に増えています。

勿論、紫外線の浴びすぎには注意が必要ですが、

サイクリング中はどうしても腕や顔などの部分が日に当たってしまうので、

これはサイクリストにとって嬉しいことです。

勿論、サイクリングをする時以外(屋外レジャーなど)でも、

今回の新技術は多くの人に役立つのではないでしょうか?

★Twitter、Facebook等でフォローして正しい日焼け対策を皆で共有しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました