【計測が簡単!】NAVITIMEで勾配を求める方法とは?

サイクリングの体調管理

前回まではサイクリングの敵となる勾配の計算方法や、

激坂となる指標についてご紹介してきました。

ところで、あなたはサイクリングのコースや所要時間を見積もるとき、

どんなサイトを使っていますか?

私は現在「NAVITIME」というサイトを使っています。

その一角にサイクリングのコースや所要時間などを保存・算出できるシステムあるため、

割と使い勝手が良いんですよね。

以前までは「ルートラボ」というサイトが、

サイクリングのコースを作成するにあたって使い勝手が良かったこともあり、

サイクリストからの評判は高かったんですが、

残念なことにこちらは2020年3月31日をもってサービス終了となってしまいました()

しかし、その代替として最も有力視されていると言われているのが、

今私が使っている「NAVITIME」です。

「サイクリングコース 作成」

で検索するとトップに引っかかってくるので、

それが今人気の証でしょう。

そこで今回は、「NAVITIME」を使って勾配を出す方法をご紹介します。

「NAVITIME」は会員登録するとルート作成が可能に!

まず「NAVITIME」の会員登録をしていない方は、

メールアドレスやパスワードを入力してマイページを作ってください。

マイページが作成されるとはじめてコースの作成や保存ができます。

尚、読み進めていくと「スマホアプリとの連携」とか「音声案内」といった項目が出てきますが、

こちらは課金する必要があるので有料です。

但し、会員登録そのものは無料になっているのでご安心を(^^)

実際に「NAVITIME」で勾配を出してみよう!

会員登録を済ませたら、

早速勾配を出してみましょう。

まず、適当にスタートとゴール地点を設定してください。

計算が分かりやすいよう100メートル程度の長さにしてみましょう。

そうすると下画面にコース情報が色々出てきます。

「コース情報」には6項目ありますが、

勾配の算出では「総走行距離」「獲得標高」の2項目のみを使います。

「総走行距離」は文字通り実際に走る距離のことであり、

「獲得標高」は走った距離の間にどれだけ標高を稼いだかを表しています。

では、計算方法へ参りましょう。

前回お伝えしたように、

勾配の算出では高校でお馴染みである三角関数の比を使います。

式は以下の通りです↓

底辺:高さ=100:h

※100メートル進んだらどれだけ標高を稼いだかを表します。

この場合、底辺が「総走行距離」、

高さが「獲得標高」になります。

後はそのまま当てはめていくだけです。

・・・答えが出ましたでしょうか?

参考として八甲田山方面へ向かう国道103号(青森市)を例に計算してみます。

2900(メートル):152(メートル)=100:h

2900h=15200

h=5.24137931

※単位をそろえましょう。

となりました。

つまりこの場合は100メートル進むごとにおおよそ5メートル標高を稼ぐ、

即ち平均勾配5%の坂ということになります。

勾配 度数 感じ方
8%~10% 4.6度~5.7度 ややきつい
10%~13% 5.7度~7.4度 かなりきつい
13%~15% 7.4度~8.5度 プチ激坂
15%~20% 8.5度~11.3度 激坂確定(完走困難)

平均勾配5%は「ややきつい」よりも下ですが、

今回は計測距離が長めだったことや、

瞬間的にこれを超える勾配があることから、

あくまでも平均勾配ということになります。

しかも八甲田山方面は数十キロにわたり勾配が続くため、

そこまでの勾配でなくても結構疲労度が溜まるでしょう。

ということで以上、NAVITIMEで勾配を求める方法でした。

★当ブログを気に入って下さった方は、Twitter、Facebook等でフォローしていただければ嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました