【間違うと肌荒れに!?】紫外線散乱剤と紫外線吸収剤は何が違う?

サイクリングの日焼け対策

おはこんばんにちは、アオラボです。

真夏のサイクリングに欠かせない日焼け止めですが、

日焼け止めには成分の働きで分けると2種類が存在します。

それは、紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」と呼ばれる成分によって区分されます。

一見、どれも同じような効果に見えるのですが、

実はこの「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」では、

紫外線をどう対処するかで日焼け止めの働きが異なってくるだけでなく、

自分に合った日焼け止めを選ぶことができるようになります。

敏感肌の人にとって肌荒れは天敵なので、

特にそういった人は違いを覚えておくと安心です。

では、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の具体的な違いは何なのでしょうか?

紫外線散乱剤は敏感肌な人向き

紫外線散乱剤というのは、

文字通り降り注ぐ紫外線を反射・散乱してUVから皮膚を守る成分のことを言います。

紫外線散乱剤の場合は白色の無機粉末を使用しているので、

肌の上に塗った時には「白浮き」することがあります。

よって日焼け止めの中には「白浮き」を防ぐため、

後述する「紫外線吸収剤」を使っているものも多くあります。

しかし紫外線散乱剤というのは無機粉末であるため、

肌への負担が少ないという特徴があります。

従って、紫外線散乱剤が入った日焼け止めは敏感肌な人にとっても使いやすいと言えます。

紫外線吸収剤は肌に負担がかかりやすい

これに対し紫外線吸収剤というのは、

紫外線を吸収したのち、

熱や赤外線といったエネルギーに変化させて外へ放出する成分のことを言います。

紫外線吸収剤は透明であり、

かつ他の分子と結びつきやすい性質をしていることから、

日焼け止めを肌に塗った時に違和感を感じなくなるようになっています。

よく、ものによってはベタベタして触り心地が気持ち悪いという日焼け止めがありますが、

紫外線吸収剤では肌に塗った時の触り心地を改善しているものが多くなっています。

一方、紫外線吸収剤は肌の上で化学反応が起こるため、

敏感肌の人にとっては多少肌へ負担をかけてしまう場合があり、

紫外線吸収剤の入った日焼け止めを避ける人が多いようです。

紫外線吸収剤か紫外線散乱剤かを最低限見分ける!

日焼け止めを購入する時に必ずチェックしておきたいのが、

どんな成分が入っているか?です。

価格や効果の強さでつい選んでしまいがちですが、

日焼け止めこそきちんと成分を確認したうえで購入すべきです。

成分一覧表が日焼け止めが入ったボトルやパッケージに必ず書かれているので、

そちらに一度目を通してみましょう。

とは言え、いちいち成分表をチェックするのはなかなか面倒ですし、

モノによっては裏にビッシリ成分の名称が書かれていたりするので、

正直、見る気も失せますよね()

しかも、ほとんどの成分が聞いたことのないような名前ばかりで、

どんな成分がどんな効果を発揮してくれるのかすら想像がつかないと思います。

一方、最近では敏感肌を気にする人が多くなっている影響で、

紫外線吸収剤入りの日焼け止めを避ける人が多くなっています。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めでは、

化学物質が含まれているため、

特に敏感肌の人にとっては肌の刺激になりやすいものです。

従って、数ある成分の中でも、

最低限、紫外線吸収剤か紫外線散乱剤かを見分ける必要があります。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めでチェックすべき成分とは?

では、具体的にどの成分に着目すればよいのでしょうか・・・?

それは、「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」という成分です。

結構長い成分名ですが、

あなたが今使っている日焼け止めの裏に、

このような成分が書かれていたりしませんか?

もし、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルと書いているならば、

それは紫外線吸収剤入りの日焼け止めの可能性が高い証拠です。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めでは、

このメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを主成分としているケースが多い傾向にあります。

紫外線吸収剤は肌に塗った時の肌触りが良いとして一時期人気だったんですが、

まさにその肌触りのよさの根本的な要因となっているのが、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなのです。

ただ、紫外線吸収剤入りの日焼け止めが絶対的に悪いということではありません。

むしろ最近では紫外線吸収剤入りでも、

なるべく化学反応を抑えた敏感肌向けの日焼け止めも増えてきているので、

敏感肌でも使いやすくなったのは事実です。

私がこの間使っていた日焼け止めにも、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルが入っていました。

しかし、ボトルには子供でも安心して使えると書いてあったので、

実際に塗ってみても確かに肌が荒れることは一斉ありませんでした。

なので最近の日焼け止めでは、

過敏に紫外線吸収剤入りの日焼け止めを避ける必要はそこまで無いと思います。

ノンケミカルという言葉にも着目!

日焼け止め購入時にもう一つ確認しておきたいものがあります。

それは、ノンケミカルと書いてあるかどうかです。

日焼け止めにノンケミカルと書いてある場合は、

文字通り化学物質を一切使っていないという証拠です。

従って、敏感肌の人でも安心して使えます。

ノンケミカル=化学反応が無いので敏感肌でも使いやすい

という意味で表示しているからです。

このように、紫外線吸収剤の日焼け止めを見分ける方法として、

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルが入っていないか?

ノンケミカルと書いてあるか?

これらに注目するとより効率的に選べるのです。

最近は敏感肌用の紫外線吸収剤入り日焼け止めも増加

紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の具体的な違いについてご紹介してきました。

まとめとしてはこんな感じです↓

紫外線散乱剤 紫外線吸収剤
成分 メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(化学物質) 酸化チタン、酸化亜鉛他
肌触り サラっとしている べたつき感がある
刺激 強め 弱め
水耐性 強い 弱い
特徴 白浮きしにくい 白浮きする場合がある
どんな人向け? 敏感肌ではない人 敏感肌の人

でも、結局「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」ではどちらが良いのでしょうか?

答えは一概には言えず、

両者ともに一長一短があります。

しかし最近では改良が進んだこともあり、

紫外線散乱剤でも「白浮き」しにくいものが出てきたり、

敏感肌な人向けに開発された紫外線吸収剤が入った日焼け止めも徐々に増えてきている模様です。

なので、今はそこまで過敏に気にする必要はありませんが、

どうしても肌荒れしたくないという人は肌に優しい紫外線散乱剤が入った日焼け止めを使ってみてください。

★当ブログを気に入って下さった方は、Twitter、Facebook等でフォローしていただければ嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました