【白髪増加!?】頭皮の日焼けで大ダメージ3つのトラブルとは?

サイクリングの日焼け対策

真夏のサイクリングは強い紫外線がつきもの。

特に12時あたりを過ぎると紫外線の量が大幅に増えるのですが、

その際、紫外線は真上に、

つまり、頭の上に容赦なく降り注いできます。

紫外線を防ぐには帽子をかぶるなどして対策をとる必要があるのですが、

蒸し暑いから極力被りたくないという人も多いはず。

腕や顔に日焼け止めは塗っているけど、

髪や頭皮には一切何も対策をとっていない・・・

あなたもそのうちの一人だったりしませんか・・・?

実は、長時間頭に紫外線を浴び続けることによって、

頭皮にダメージを与えるだけでなく、

白髪や薄毛になるリスクが高まってしまうこともあるのです。

そこで今回は、頭皮の日焼けによって起こる具体的なトラブルや、

頭皮の日焼け対策について詳しく解説していきます。

髪の毛がパサついたりかゆくなったら日焼けしているサイン

ふと触ってみると、

髪が乾燥したり毛先がパサついていたりしていませんか?

実は既にこの時点で頭皮が日焼けしているのです。

真夏の紫外線の特徴としては、

紫外線自体が強いというほかにも、

真上から紫外線が降り注いでくるため、

実際は腕よりも頭皮のほうが紫外線を浴びる時間が長くなります。

しかも頭皮は太陽に最も近いところにあるため、

カラダのどの部分よりも紫外線によるダメージを受けやすいです。

それ故、夏になると頭皮が乾燥したという人が多くなっているのです。

また、頭皮が無性にかゆくなってきた・・・

という場合も日焼けをしているサインです。

頭皮はやけどをするとかゆみが現れます。

だからと言って掻きむしると炎症が強くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

頭皮が日焼けすると白髪や薄毛のリスクが!?

頭皮の日焼けも肌と同じように、

いわば軽いやけどをしていることになりますが、

それにより、白髪や薄毛になるリスクが高まってしまうのです。

そもそも髪が黒くなっているのは、

紫外線を浴びた肌を茶色や黒色に変色させるメラニン色素と呼ばれるものがあるからです。

しかし、何らかの原因でメラニン色素を生成できなくなると、

髪の毛が黒くなりにくくなるため、

次第に白髪が目立ち始めてしまうのです。

また、紫外線を浴びた頭皮というのは活性酸素が大量に生成されることにより、

メラニン色素を生成するための「メラノサイト」というものを分解してダメージを与えるため、

白髪が出来やすくなるのです。

これにより頭皮の紫外線の浴びすぎでは薄毛のリスクも高まってしまいますので、

気を付けましょう。

頭皮の日焼けを防ぐためには・・・

実際は頭皮の日焼けですぐに白髪が出来たり薄毛になるというわけではありません。

長時間紫外線を浴び続けることによってダメージが頭皮に蓄積されていき、

それが影響してあるタイミングで白髪や薄毛が現れてきます。

なので、日ごろからいかにして対策をとっておくかが大切です。

頭皮の日焼けを防ぐためには、

まずUVカットが徹底された帽子などを被ることです。

普通の帽子もある程度の防御力はあるのですが、

UVカット素材の帽子だと中には99%の防御力がある種類も売っていたりします。

ただ、あまりにも分厚い帽子だと頭皮がジメジメして菌が増えるため、

通気性が確保されたものがおすすめです。

また、日焼け止めでは頭皮用のスプレーも売っています。

クリームタイプなどの日焼け止めと同じように、

頭皮用でも2~3時間おきにスプレーすると防御力を維持できますので、

ぜひ使ってみてください。

光老化の正体

真夏のサイクリングの大敵となるのが「紫外線」です。

毎日鏡を見るとき、

「これ以上肌が汚くなるのは嫌だな・・・」

「わかっているけどなかなかケアができない・・・」

と思っている人は多いはずです。

紫外線は女性だけでなく男性でも気を付ける必要があり、

時間がたつとシミやそばかすといった肌の老化現象を引き起こしてしまいます。

実は紫外線によってこのシミやそばかすなどを引き起こす老化現象のことを、

光老化」と呼ばれています。

文字通り”光”を浴びることによって起こる肌の”老化”のことであるのですが、

では、具体的に光老化はどのような過程で肌へダメージを与えているのでしょうか?

今回は、そんな厄介な存在である光老化の仕組みをご紹介していきます。

光老化はシワの発生率をグンと高めてしまう?

「光老化」とは、太陽光線によって皮膚の老化を引き起こす現象のことを意味します。

定期的に長時間紫外線を浴び続けることによって、

シミやそばかすのもととなる「メラニン色素」というものが増えていきます。

しかし、肌の老化はこの「メラニン色素」だけが要因というわけではありません。

実はこれ以外に「ゼラチナーゼ」という酵素によっても、

シミやそばかすを発生させてしまうということが最新の紫外線研究で分かってきたのです。

「ゼラチナーゼ」では、皮膚へ直接ダメージを与えるだけでなく、

肌の内部にあるコラーゲンまでもに影響を与えることで、

年齢を重ねるとともにシワの発生率をグンと高めてしまうのです。

なので、日ごろから日焼け止めを適度に塗るなどして、

徹底した紫外線対策で肌を守ることが大切です。

光老化は主にUVAが引き起こす?

紫外線には主にUVAとUVBの2種類がありますが、

特に光老化に注意したいのはUVAです。

なぜなら、UVBは表皮でとどまるのに対し、

UVAは表皮を通り越して真皮という肌の奥まで紫外線が入り込むため、

これが光老化を引き起こす一番の懸念材料となっているためです。

UVAは表皮でとどまるUVBと違って、

目視で紫外線による肌の赤みなどをなかなか確認することはできません。

そのため、知らず知らずのうちに肌の内部まで紫外線が浸透していき、

ジワジワと肌へダメージを与えていってしまいます。

最終的にはハリや弾力が弱くなり、

シミやたるみを引き起こしてしまうのです。

まとめ

頭皮の日焼けによるダメージのサインとは・・・

・髪の毛がパサついたりかゆくなった

・頭皮が日焼けすると白髪や薄毛になりやすい

・光老化とは、太陽光線によって皮膚の老化を引き起こす現象のこと。

・光老化は「メラニン色素」「ゼラチナーゼ」によってシワの発生率をグンと高めてしまう。

・特にUVAは光老化を引き起こす一番の懸念材料。

・常日頃から適度な日焼け対策が必要。

頭皮の日焼けも結構侮れません。

以上の項目に注意しましょう。

★当ブログを気に入って下さった方は、Twitter、Facebook等でフォローしていただければ嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました